茶の湯美術館

 ●1階展示室
 ●2階展示室
 ●平成の玉虫厨子


茶室・瑞雲庵

 ●呈茶・点心・茶室の貸切


銅閣庵

営業のご案内

 ●営業時間・ご利用料金など


リンク



人間国宝の作品とその掛軸をはじめ、

千家十職(茶道家元専属職家)

約400年の歴史をもつ樂家歴代の作品

茶掛軸・玉虫の作品・屏風など

茶道具を中心に約1600点を所蔵し

そのうちの百数十点を順次展示しています。

脈々と流れる美と技の系譜をお楽しみ下さい。

※ 展示内容は季節により変わる場合があります。

 

輪廻面取樹

 平成25年7月より、茶の湯美術館入口に展示してあります。
 樂家15代吉左衛門氏の次男である新進気鋭の彫刻家 樂雅臣氏の作品「輪廻面取樹」(石彫)です。
 作品の下部には、古代生物アンモナイトを抽象化した造形。その部分から永遠に伸びていく面取りした樹木を表現し、輪廻転生をテーマにしています。つや消しで仕上げた黒御影石の表面が美しい作品です。

>>TOP


(C)飛騨高山まつりの森