茶の湯美術館

 ●1階展示室
 ●2階展示室
 ●平成の玉虫厨子


茶室・瑞雲庵

 ●呈茶・点心・茶室の貸切


銅閣庵

営業のご案内

 ●営業時間・ご利用料金など


リンク


茶の湯の森は、1999年10月1日に開館。1998年4月にオープンした「飛騨高山まつりの森」に隣接し、「茶の湯美術館」・「茶室瑞雲庵」・「銅閣庵」・「研修棟秀礼館」の4棟から構成される施設です。流派や作法のみにとらわれず、誰もが気軽に茶の湯文化に触れ親しむための空間をめざし設立されました。

平成29年、茶の湯の森は、18年目の春を迎えました。

冬期休業が開け、3月5日(日)より本年の営業を開始いたします。
お越しいただきました皆様に楽しんでいただけるようスタッフ一同努めてまいります。

本年も、毎月第1日曜日(但し10月は第2日曜日)に友の会の茶席を設けてまいります。皆様にお楽しみいただけるよう毎月道具やお菓子などを替えて開催いたします。当日のみの臨時会員としての参加も可能ですので、皆様のご参加をお待ちしております。

また、美術館では、春にふさわしい展示品に入れ替えを行いましたので、ぜひご覧ください。
>>TOP


(C)飛騨高山まつりの森