茶室


茶の湯美術館

 ●1階展示室
 ●2階展示室
 ●平成の玉虫厨子


茶室・瑞雲庵

 ●呈茶・点心・茶室の貸切


銅閣庵

営業のご案内

 ●営業時間・ご利用料金など


リンク





銅閣庵

銅閣庵は、広間(10畳)・寄付(7畳)を中心とした数寄屋造りの建物で、柱・梁・軒回りの化粧材に至る全てに一位材を使用した銅葺き屋根をもつ茶室です。
一位とは、当岐阜県の県木にも指定され、他の木材にくらべて成長が非常に遅いため木目が非常に繊細で美しく古くから貴重な木材として神官の笏や当地の伝統工芸である一位一刀彫の材にもなっています。
全国的に見てもこれだけ一位にこだわった建物は数少なく、飛騨の匠の技により飛騨特有の建築文化を残すことによって「小京都飛騨高山」から「中京都飛騨高山」へ飛躍してほしいという施主・中田金太の熱い思いが込められた建物です。丸柱・欄間・下地窓などにも細かい彫刻が施され、贅沢な佇まいを演出しています。
※普段は、美術館の付帯施設として、季節に応じた茶道具の展示が行われています。


(C)飛騨高山まつりの森